2017年1月 1日 (日)

明けましておめでとうございます

2017年、明けましておめでとうございます。

週刊あたりを目標としていたここは、月刊に及ばず季刊が良いとこの昨年でした。

大晦日、劇団ブログも一緒にアップしようとしたらログインが出来ず、年始のご挨拶もこちらのみでおめでとうございます。

2017、という数字が何やら良い数字に感じられる為、今年は新しいところに公私ともに行ってみせよう!
予定でもない予想、希望、願望が後押しする1年となりますよう、しますよう、します。

昨年は新作本公演のなかった劇団go to 、新年は新作にてお目にかかりたいと思います。
観に来てね^_^

皆さま、新年もどうぞ宜しくお願い致します。

2016年12月31日 (土)

2016終わる

構想&メンテナンスな2016年が間もなく終わろうとしています。

誰かの為に、なんて嫌だ。
自分の為に、やりたい。

一昨日、故郷で友人の活動に触れ、家族がありながら、年末ギリまで事業の事に深夜まで動いている姿を見て、人をどんどん動かしていく力に圧倒された。

彼女は子どもたちからとても愛されていて、スタッフから愛されていて、厳しくて豪快。
辛辣で優しい。

その行動の全ては、自分の為だと思わされる意思の強さと柔らかさがあり、度々揺れてしまう私の在り方を顧りみました。

そして今紅組優勝、おめでとう!白だと思ったのにな。

大晦日らしく紅白歌合戦を見てました。
今から蛍の光を歌います。
その後、行く年来る年見て、お寺さんに鐘つきいきます。

同じ事繰り返しつつ螺旋状に上昇する人生。
納得出来るように進もう!

本年中は本公演でお会いできませんでしたが、来年の動きにどうぞご期待下さい。
これまでのご愛顧に感謝致します。
良いお年を!

2016年10月12日 (水)

秋だから

季刊→月刊→まさかの日刊、の時代を経て、一か月ぶりの更新。

秋ですね。
1つ心に決めた事を実行出来るか勝負の秋です。
その為に、帰りながら行動の細分化をメモりました。
きっとこれで達成出来る。

と、帰宅したテーブルの上には明日返却の、まだ見てない2時間半超えのDVD。
試されているな、と思いました。

こういうところを如何に乗り切るか、です。

一ヶ月半後が楽しみ♫

2016年9月28日 (水)

まさかの!

日刊!?の兆し。

本日は2度目の久留米シティプラザ。
先日観た非常口さんはCボックス、今日のちゃぶ台さんは久留米座。(途中雷が聞こえました、あのホールの中までも。落ちたらしいですね。沢山の人と一緒にいて、笑えてて良かったわ)
入ってないのは今年度から成人式も行われる、という大ホールのみ!入りたい!!
当日、父兄のふりして入れんかな?

ミスサイゴンがここで上演されますね!
あの芝居をやれるホールてのがすごい!
私は東京で観ました、ミスサイゴン、数十年前に。
本田美奈子主演の。
ヘリコプターの風に煽られるセット&衣装、の臨場感!!と勿論本田美奈子の歌声!!!に心身バクバクしたのを覚えています。

先日の非常口公演では主に脚本演出を、本日のちゃぶ台公演では役者を観る為に赴きました。
大体観劇時に気になるのは役者。次に演出、次に脚本。
自分のやりたい事順。
でも見ながら考えるのはいつも作家さんの内側。

非常口公演では、脚本演出の島田さんの考えてる事に大変興味があり、てか、て事は、島田さんに興味があり、沢山話をしたく、でも話すと間違って伝わる事もあるので、彼女の芝居を観て、少しでも近くに行けたらと思ったけど、観て感じる、というのはやはり一方的で、結局もっと島田さんと話したくなりました。
可愛い人。
守ってあげたくなるような、それでいて支えも助けも必要としてないような芯の強さを感じるあの人から繰り出される物語の核は、孤独、のような気がしました。潔い孤独。いや、ブログと併せて感じてるのかもしれないな。
Cボックス、素敵な空間でした。

そして今日のちゃぶ台。
木内さとみさんがこれまた大好きでして、あんな役者さんになりたくて、素のさとみさんも大好きでして、あんな女性になりたいと、きらら(今日の受付に殿がいて、相変わらず、アワワワ言うてまして、まず楽しみました)の池田さんも同様に憧れる先輩ですが、こういう先輩がいて下さると勇気と闘志か湧きますよ、そりゃ湧きますよ、有難うございます。
あんな楽しそうに芝居されたら、ノックアウトです。そしてそこに基礎がある。やる事きっちりやった上で演技を楽しんでいる、それは観客を連れて行きますでしょう、どこまでも。泣いたー!
豆腐が美味しそうで、古代もアンドレもかっこよく、老婆がうちのばあちゃんに見えてきて、直後やはり木内さとみに見えて、眩しさ半端なく、楽しそうで、泣いたー!!!

そんな久留米訪問。
昔々の教え子さんのお宅にお招き頂き、今の活躍、懐かしき日々を語らう面白可笑しき時間を過ごしました。

帰りは制作アッキーと弾丸トーク!
go to の今後の企画にワクワクするアッキーと私。
夏の暑さ彷彿とする秋の日でした。
9月、終わりますよ?

2016年9月27日 (火)

せめて月刊

達成!

てか、ま、今から書くんですけど。
もう、この、書こう、と思った時点で達成!

さて。
何を。

あ。

あの、先日、ここ何十年かやった事のないスケジュールミスを犯しまして、その日は。。。そうそう、台風が、16号でしたか?来るよ、ゆっくり来よるよ、と我らを怯えさせて(何ヶ月も前からの予定が無しになりますからね、大事な用件であればそれはもうザワザワしますよ)いた日でして、数日前から、気にしていたわけです。

で、気にしながら諸々の仕事場への返信やらをババー!としまして、ザワザワしとっても仕方ない、と朝方まで脚本書いて、予定は夕方からだから少し休もうとベッドに横になったわけです。
と、10時過ぎにレッツから着信がありました。

こんな時間に珍しい、何だろう?

『もしもし?』
『あ。。。今大丈夫ですか?』
『うん、いいよ、何?』
『あの。。。』
『ん?どうした?』
『今日。。。講師会。。。なんです。。。けど。。。』

スマホを落としました。
慌てて拾って
『ごめん、すみません、すぐ準備します、行きます、すみません!!』
『(反応無し)』
『?!?もしもし?ごめんなさい!!すぐ準備して出る!!』
『(無反応)』

逆さに持ってましたスマホ。
こんな事があろうか、いやない、反語、又しても落としそうになりながらアタフタとスマホ持ち替えて、再度同じ内容をまくしたて、反応を確認して洗面所へ駆け込みました。

地下鉄の中でも走りたいくらいの気持ちで、改札に一番近い最後部車両に乗り込むと、初老のご婦人が話しかけてきまして、そんな大声で?てくらいのボリュームで、台風の事、昨日博多駅の屋根に誰か登って大変やったとよ?て事、ご婦人自身のあれこれ、ずーっと語りかけられまして、そこは困惑しつつも、友達のように相槌を打つ私でしたが、心中、『博多着いたらダッシュで降ります、裏切るみたいでごめんなさい』と思っていたのですが、そのご婦人も博多駅までだったようで、博多駅到着してドアが開く直前まで(誇大表現でなく本当に!)ガンガン語りかけてきといて、ドアが開くや否や、そうです、まさしく、や否や、です、驚愕の切り替えでもって、相槌打つ私を置き去りにし猛ダッシュで駆け出しました。
コントです。
コントの間です。

言うとるバヤイでなく、は!とし更なるダッシュで追い抜きましたけどね。
昨日の友は今日の敵。

そして。
誰かと話していた、という事になっていました、電話貰った時の私、レッツの中で。
誰とも話してません、あなた以外の誰とも。
耳を当てる方に話しかけていただけです。

その前の晩、講師会に向けて『社会性を今一度確認しましょう』的なコメントを書いた私。

前回の講師会のスケジュールを把握しておらず欠席した瀧(池田商会)を罵倒した私。

穴、どこ?
入りたい。

講師会終え、怖くて最近のメールやらラインやらを焦って見返しました、他にも取りこぼしている事がありそうで。
と、そこへメグからライン。
『今日はやはり風が強いのでやめときます』

ひー!
今日夕方まで大丈夫て伝えてた。セーフ!!!
危なかった。

あまりにも恐ろしい事が続いたので、ハーブを追加で蒔きました。
もう今、小さい小さい芽が出てます。
安心します。
朝顔もまだ咲きます。
もう9月が終わりますよ?

«季刊