« 季刊 | トップページ | まさかの! »

2016年9月27日 (火)

せめて月刊

達成!

てか、ま、今から書くんですけど。
もう、この、書こう、と思った時点で達成!

さて。
何を。

あ。

あの、先日、ここ何十年かやった事のないスケジュールミスを犯しまして、その日は。。。そうそう、台風が、16号でしたか?来るよ、ゆっくり来よるよ、と我らを怯えさせて(何ヶ月も前からの予定が無しになりますからね、大事な用件であればそれはもうザワザワしますよ)いた日でして、数日前から、気にしていたわけです。

で、気にしながら諸々の仕事場への返信やらをババー!としまして、ザワザワしとっても仕方ない、と朝方まで脚本書いて、予定は夕方からだから少し休もうとベッドに横になったわけです。
と、10時過ぎにレッツから着信がありました。

こんな時間に珍しい、何だろう?

『もしもし?』
『あ。。。今大丈夫ですか?』
『うん、いいよ、何?』
『あの。。。』
『ん?どうした?』
『今日。。。講師会。。。なんです。。。けど。。。』

スマホを落としました。
慌てて拾って
『ごめん、すみません、すぐ準備します、行きます、すみません!!』
『(反応無し)』
『?!?もしもし?ごめんなさい!!すぐ準備して出る!!』
『(無反応)』

逆さに持ってましたスマホ。
こんな事があろうか、いやない、反語、又しても落としそうになりながらアタフタとスマホ持ち替えて、再度同じ内容をまくしたて、反応を確認して洗面所へ駆け込みました。

地下鉄の中でも走りたいくらいの気持ちで、改札に一番近い最後部車両に乗り込むと、初老のご婦人が話しかけてきまして、そんな大声で?てくらいのボリュームで、台風の事、昨日博多駅の屋根に誰か登って大変やったとよ?て事、ご婦人自身のあれこれ、ずーっと語りかけられまして、そこは困惑しつつも、友達のように相槌を打つ私でしたが、心中、『博多着いたらダッシュで降ります、裏切るみたいでごめんなさい』と思っていたのですが、そのご婦人も博多駅までだったようで、博多駅到着してドアが開く直前まで(誇大表現でなく本当に!)ガンガン語りかけてきといて、ドアが開くや否や、そうです、まさしく、や否や、です、驚愕の切り替えでもって、相槌打つ私を置き去りにし猛ダッシュで駆け出しました。
コントです。
コントの間です。

言うとるバヤイでなく、は!とし更なるダッシュで追い抜きましたけどね。
昨日の友は今日の敵。

そして。
誰かと話していた、という事になっていました、電話貰った時の私、レッツの中で。
誰とも話してません、あなた以外の誰とも。
耳を当てる方に話しかけていただけです。

その前の晩、講師会に向けて『社会性を今一度確認しましょう』的なコメントを書いた私。

前回の講師会のスケジュールを把握しておらず欠席した瀧(池田商会)を罵倒した私。

穴、どこ?
入りたい。

講師会終え、怖くて最近のメールやらラインやらを焦って見返しました、他にも取りこぼしている事がありそうで。
と、そこへメグからライン。
『今日はやはり風が強いのでやめときます』

ひー!
今日夕方まで大丈夫て伝えてた。セーフ!!!
危なかった。

あまりにも恐ろしい事が続いたので、ハーブを追加で蒔きました。
もう今、小さい小さい芽が出てます。
安心します。
朝顔もまだ咲きます。
もう9月が終わりますよ?

« 季刊 | トップページ | まさかの! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 季刊 | トップページ | まさかの! »