« せめて月刊 | トップページ | 秋だから »

2016年9月28日 (水)

まさかの!

日刊!?の兆し。

本日は2度目の久留米シティプラザ。
先日観た非常口さんはCボックス、今日のちゃぶ台さんは久留米座。(途中雷が聞こえました、あのホールの中までも。落ちたらしいですね。沢山の人と一緒にいて、笑えてて良かったわ)
入ってないのは今年度から成人式も行われる、という大ホールのみ!入りたい!!
当日、父兄のふりして入れんかな?

ミスサイゴンがここで上演されますね!
あの芝居をやれるホールてのがすごい!
私は東京で観ました、ミスサイゴン、数十年前に。
本田美奈子主演の。
ヘリコプターの風に煽られるセット&衣装、の臨場感!!と勿論本田美奈子の歌声!!!に心身バクバクしたのを覚えています。

先日の非常口公演では主に脚本演出を、本日のちゃぶ台公演では役者を観る為に赴きました。
大体観劇時に気になるのは役者。次に演出、次に脚本。
自分のやりたい事順。
でも見ながら考えるのはいつも作家さんの内側。

非常口公演では、脚本演出の島田さんの考えてる事に大変興味があり、てか、て事は、島田さんに興味があり、沢山話をしたく、でも話すと間違って伝わる事もあるので、彼女の芝居を観て、少しでも近くに行けたらと思ったけど、観て感じる、というのはやはり一方的で、結局もっと島田さんと話したくなりました。
可愛い人。
守ってあげたくなるような、それでいて支えも助けも必要としてないような芯の強さを感じるあの人から繰り出される物語の核は、孤独、のような気がしました。潔い孤独。いや、ブログと併せて感じてるのかもしれないな。
Cボックス、素敵な空間でした。

そして今日のちゃぶ台。
木内さとみさんがこれまた大好きでして、あんな役者さんになりたくて、素のさとみさんも大好きでして、あんな女性になりたいと、きらら(今日の受付に殿がいて、相変わらず、アワワワ言うてまして、まず楽しみました)の池田さんも同様に憧れる先輩ですが、こういう先輩がいて下さると勇気と闘志か湧きますよ、そりゃ湧きますよ、有難うございます。
あんな楽しそうに芝居されたら、ノックアウトです。そしてそこに基礎がある。やる事きっちりやった上で演技を楽しんでいる、それは観客を連れて行きますでしょう、どこまでも。泣いたー!
豆腐が美味しそうで、古代もアンドレもかっこよく、老婆がうちのばあちゃんに見えてきて、直後やはり木内さとみに見えて、眩しさ半端なく、楽しそうで、泣いたー!!!

そんな久留米訪問。
昔々の教え子さんのお宅にお招き頂き、今の活躍、懐かしき日々を語らう面白可笑しき時間を過ごしました。

帰りは制作アッキーと弾丸トーク!
go to の今後の企画にワクワクするアッキーと私。
夏の暑さ彷彿とする秋の日でした。
9月、終わりますよ?

« せめて月刊 | トップページ | 秋だから »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« せめて月刊 | トップページ | 秋だから »